会社設立を依頼するのに不安がある人へ

会社設立を依頼する時、かなり不安になってしまうこともあるのではないでしょうか。
安心して会社設立を依頼するためには、気をつけておきたいことを覚えておきましょう。

まず早めに、代行を依頼する信頼できる代行業者を決定しておきます。
さらに、代行を依頼するのが遅くなり開業予定日より遅れる可能性もありますので税理士事務所に確かめておきましょう。
ちょっとでも判断できないことや不安なことがある時は、確実に解消しておきましょうね。

会社設立の依頼する時は、次のようなことは止めておきましょう。
代行業者が大きなミスを犯した場合に、自社が予想外の損害を被ることがありますので、業者の責任範囲を把握しておかないことです。
支払が済んで初めて代行サービスに着手するという代行業者が多く、いつまでも会社設立に至りませんので、設立業務の流れを把握しておかないことです。
手続きが進められませんので、印鑑など、必要なものを用意しておかないことです。
遠方で訪問することが不可能な場合、メールや電話、ファックスのみでのやり取りになってしまうこともあり、意思疎通が十分にできない可能性が高いですので、やり取りをしっかりしておかないことです。
また基本的に代行業者は一切の責任を負いませんなので、代行する業者に依頼している類似商号調査(希望する社名がすでに存在しないかを調べる)業務などを勝手に行うことです。

こちらの会社設立のHPは法人化の必要性それから必要手続きと代行サービス、佐藤栄作行政書士事務所 に関する情報も豊富です。
http://www.ursula-steiger.com/

Leave a Reply